確定拠出年金は、NISAや普通預金と比べると圧倒的に有利な環境の下で資産運用を行うことが出来ます。

そのメリットは、「積み立てる時」「運用する時」「受け取る時」のすべての段階で、税制優遇を受けることが出来る点です

下の表をご覧ください

DCとNISAの税制優遇比較
 1.投資をする時(拠出する時)
拠出金のすべてが所得控除になるため、所得税率10%、住民税率10%のサラリーマンが年間10万円拠出すると、所得控除によって2万円の節税効果をもたらします
(これは拠出金に対して、20%のリターンと同様の効果をもたらすことを意味します)

2.運用をする時
日本では、キャピタルゲインや配当金などの運用益に対して原則20%の課税がされます。しかし、確定拠出年金では老後資金の準備であることことから課税がされません。
運用効率の点からみると、この優遇措置はとても大きなメリットです

3.受け取る時
年金として受け取る時は「公的年金等控除」が適用され、一時金で受け取る時には、「退職所得控除」が適用されます

したがって、その他の制度と比べると圧倒的に有利な制度です
この「確定拠出年金制度」を利用しない手はありません。

(制度の詳細や加入方法に関するご相談はお気軽にお問い合わせください

 

お気軽にお問い合わせください。084-994-3350受付時間 9:00-19:00 [ 土日祝日のご相談も承ります ]

メールでのお問い合わせはこちら電話(084) 994-3350