ロボアドバイザーの選択肢が広がってきました

ファイナンシャルプランナーの永柄正智です。

最近、ロボアドバイザーで資産運用が行える選択肢が増えてきています。
いまや通信販売やネットバンキングなども、スマホで簡単に色々なことができるようになってきました。そして、その流れの一つとして、資産運用の世界でも「ロボアドバイザー」という新たな手法が広がってきています。

「ロボアドバイザー」とは
「フィンテック」という言葉がニュースなどでもよく聞かれるようになってきています。
フィンテックとは、「ファイナンス」と「テクノロジー」が合わされた造語で、スマホの技術やAI(人口知能)などの最先端技術を駆使して金融サービスを提供することですが、その中のひとつとして、資産運用の方法をコンピューターの分析や解析によって提案するものが、「ロボアドバイザー」と呼ばれています。

具体的な利用方法ですが、ロボアドバイザーを利用する人はあらかじめいくつかの質問に答えることによって、自身のリスク許容度を測ってもらいます。例えば、年齢や投資経験、資産運用を行う上で、元本の安全性を重視するのか、それとも高い収益を目指すのか、元本から20%以上値下がりしても耐えることができるのか、などなどの質問の答えて、それをコンピューターが分析することによって、その人に合った投資手法をアドバイスしてくれます。
ロボアドバイザーを提供している金融機関は、投資経験の少ない人や、普段忙しくて投資商品を選ぶ時間がない人などをターゲットにしているようで、ここ数年でロボアドバイザーによって投資をはじめる初心者の方も多いようです。

ロボアドバイザーは選択肢になるのか?
今年1月から始まった確定拠出年金の対象者拡大や、来年から始まる積立型NISAの話題もあって、若い人たちの間にも投資に関心のある人が増えてきています。
その人たちにとってロボアドバイザーは選択肢になりえるのでしょうか?
私自身はの考えとしては、ロボアドバイザーは十分に選択肢になりえると思っています。
その理由は、投資の知識や理解がない段階で個別の銘柄などを購入するよりは、過去のデータなどから導かれたロボアドバイザーの分析の方がリスクが低いと考えるからです。ロボアドバイザーを使ってある程度投資に慣れた上で、自分自身の投資スタイルを作っていくのもひとつの方法ではないかと思います。
だたし、その前提条件として、ロボアドバイザーの利用手数料が低いことや、選定される銘柄(投資信託やETFなど)に関する手数料が低いことが重要なのは言うまでもありません。

利用できるロボアドバイザー
現在利用できるロボアドバイザーは、「ウェルスナビ」「マネラップ」「楽ラップ」「THEO」「SMART FOLIO」などがあります。
ETFや投資信託に特化したものや目標達成確率を示すもの、リバランスを含めた運用のすべてが自動化されたものなど、それぞれに特色がありますので、しっかりとその中身を理解した上で選択することが大切です。

投資のスタイルは千差万別です。将来設計をする上において、もはや投資は避けて通れないものとなっています。投資を通じてフィンテックに慣れ親しんで行くことも、人生設計の上においては副次的な効果が大きいのではないかと思っています。

確定拠出年金や相続手続き、遺言に関するご相談は、アドバンス経営法務事務所にお気軽にお問い合わせください。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA