つみたてNISAが選ばれる理由

皆さんこんにちは。ファイナンシャルプランナーの永柄正智@CFPです。

最近、はじめて投資を始められる方や若い世代の方からのご相談が増えています。

そのご相談の中でも特に多いのが、iDeCOとNISA、つみたてNISAのうち、どの制度を使って資産運用をすればいいですか?
というものです。

iDeCOは老後のためのお金の準備、NISAとつみたてNISAは、中長期の資産形成が目的ですので、相談者の方それぞれのライフプランや目的によって、選択する制度が違ってきます。

(制度の仕組みは以下の表をご覧ください)

 

つみたてNISAが選ばれる理由とは?

面談でお話しを進める中で、それぞれの制度の特徴をご説明し、資産形成の目的を伺っていくのですが、多くの方がつみたてNISAを利用したいと言われます。

その理由とはどのようなものでしょうか。

➀ゆっくりと長い期間で資産運用をしていきたい
年明け以降、株式相場が乱高下していますね。
そのような状況を見られてか、資産運用はしたいけれど、あまりリスクは取りたくない、資産運用でハラハラドキドキしたく無い、と考えられる方が多いようです。

➁選択できる商品の手数料が低い
つみたてNISAで金融機関が販売できる金融商品は、インデックス(市場連動型)のものが中心で、販売手数料がゼロ(ノーロード)のものや、信託報酬が低くおさえられたものが多く、その点に安心感を持たれるようです。

金融庁ホームページ

③シンプルな仕組みとネーミング
日本人は、これまで「つみたて」で預貯金をするのは得意でしたが、投資に対しては過度に嫌悪感を持たれる方が多かったように思います。
つみたてNISAの仕組みは、そのような方々にとっても安心感があるようです。
(「つみたて」というネーミングに安心感を持たれる方が多いように感じます)
また、20年という期間が、ライフプランをイメージしやすい部分もあるのではないでしょうか。

去年の iDeCo の制度改正以降、資産運用に興味を持たれる方が着実に増えている実感があります。
つみたてNISAが、資産形成の入口として、多くの方々の将来に向けた資産形成へのきっかけになるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA